バイオガスプラントの熱交換器と加温・殺菌工程

バイオガス関連機器、技術の輸入ならエコハート

バイオガスプラントの基本計画、設計から機器調達まで

バイオガスのエコハート > 基本的なレイアウトと構成機器 > 熱交換器と加温・殺菌工程

バイオガスについて

バイオガスとは バイオガスの基本プロセス バイオガス先進国ドイツでは 世界のバイオガス事情

バイオガスプラントの計画

ドイツで成功している理由 失敗しないプラントの計画 バイオガスプラントいろいろ

バイオガスプラントの設計

失敗しないプラントの設計 バイオガスプラントの失敗例

バイオガスプラント構成機器

基本的なレイアウトと構成機器 メタン発酵槽と撹拌機 ガスホルダーとガスシステム バイオガス発電・コジェネ設備 加温・殺菌と熱交換器 コンベア・搬送装置

バイオガスプラント関連企業

設計・コンサルタント メタン発酵槽・ガスホルダー バイオガス発電 熱交換器とエンジニアリング 総合技術・エンジニアリング

バイオガスのエコハート

事業内容・その他取扱い商品 サイトマップ 有限会社エコハート
〒653-0801
神戸市長田区房王寺町2-7-11
TEL:078-647-7824
FAX:078-647-7821
info@ecoheart.com

バイオガスプラントの熱交換器と加温・殺菌工程

バイオガスプラントの加温、殺菌用の熱交換器バイオガスプラントの原料の加温・殺菌、メタン発酵槽の温度維持などに使用する熱交換器は、詰まりにくく、腐食にも強いものを選択する必要があります。
また、熱交換器の熱源として、できるだけ効率良く熱利用できるシステムにしておくことが重要です。

メタン発酵槽の加温方法

初期型のメタン発酵槽加温方法1990年代頃までの農業用の小規模なバイオガスプラントでは、メタン発酵槽壁面内側や外側に何重にも巻きつけたチューブに温水を流すことで、メタン発酵槽を加温する方法が主流でした。

しかし、この方法では発酵槽内の温度にムラができ、時間の経過とともに効率も劣化するため、近年では採用されることが少なくなってきました。

スパイラル熱交換器などを使用して、発酵槽の外部で原料を加温する方法が今日では増えつつあります。 
このような方法を採用することで、今まで以上に発酵槽の状態を最適に保つことができるようになっただけでなく、より大きな熱量を必要とする殺菌工程も効率的に行なえるようになりました。

殺菌用の熱交換器

ドイツでは、食品残渣を原料とするバイオガスプラントや、食品残渣を原料としなくても複数の畜産農家の糞尿を集約して処理するバイオガスプラントでは、原料を殺菌することが義務付けられています。
殺菌温度と保持時間は州によってことなり、70℃で1時間、あるいは90℃で30分などの規則がありますが、一度に大量に処理しなければならない大規模な集約型プラントでは、特に高性能な熱交換器が必要になります。

1990年代に建設された、デンマーク式と呼ばれるような集約型のバイオガスプラントでは、巨大な二重管式熱交換器が一般的に使用されていました。
しかし、この方式では途中で原料が詰まることが多く、一度詰まってしまうと詰まりを取り除くことが簡単ではなく、殺菌工程に多くの問題を抱えたまま運転を続けていたバイオガスプラントも少なくありませんでした。

しかし、近年では詰まりのトラブルが少なく、たとえ詰まっても詰まりの除去が簡単なスパイラル熱交換器が使われることが多くなりました。 
従来の二重管式熱交換器に比べてトラブルが少ないために稼働率が向上しただけでなく、効率が良く、コンパクトになったため、プラントの建設コストを抑制することにもつながりました。

このスパイラル熱交換器を使用することで、原料の加温、殺菌、メタン発酵槽の温度維持をより効率よく行なうことができるようになりました。

バイオガスって?

バイオガス先進国
ドイツでは...

バイオガス先進国ドイツのプラント

バイオガスで
成功している理由は?

プラントの完成披露パーティー

こんな失敗をしないように・・・
有機酸で溶けたミキサー

バイオガスプラントの機器類

メタン発酵槽、ガスホルダー
グラスコーティングタンクによるメタン発酵槽、ガスホルダー

バイオガス発電機
バイオガス発電機

スパイラルコンベア
スパイラルコンベア・スクリューコンベア

取扱いメーカー

Krieg&Fischer(バイオガス
Thoeni(コンポスト)
Harvestore(メタン発酵槽
S&H(コンベア
M&A(熱交換器
R.Eyssen Japan Consult
(市場・技術情報調査、視察)